本当にあった2chの怖い話

2ちゃんねるのオカ板(オカルト板)から、怖い話をまとめて提供するサイトです。内容はオカルト・異次元・異世界系を多く取り扱っています。また2ちゃんねる以外からまとめた物も存在しています。

2017年11月

【オカルト】俺は猫に守られている?それとも狙われている?

猫の集会

255 名前:本当にあった怖い名無し:2007/08/30(木) 15:35:46 ID:cHcYyzUkO


ここ4年くらいで体験して、おそらく現在進行形だと思われる体験。
俺には一つのキーワードでつながってるように思えてならない。 

ことの発端は四年前。当時、俺はピザの宅配のバイトをしてた。その宅配先での話。
まず現場について思ったのは、「こんなとこに人が住んでるのか?」ってことと、猫がやたらいるってこと。
真っ暗な小さい森の中に、ポツンと廃墟みたいなマンションが建ってた。宅配先はそこの最上階だった。 
入り口にたくさんいた猫は、最上階までびっしりいた。
宅配先のお客はなんか陰気臭いじいさんだったけど、普通に応対して変な所はなかった。 
帰りに階段を降りようとしたら、猫が全部俺のことを見てた。
かなり気味が悪かったんだけどそのまま駆け下りて、
いよいよ出口だって時、出口のすぐ外にばぁさんがいることに気づいた。 
明らかにこの世の者じゃない雰囲気がして、恐る恐る通り過ぎようとしたら、ばぁさんが振り向こうとした。
ばぁさんの顔が見えるって瞬間に猫が大声で鳴いて、その瞬間ばぁさんは消えた。 
ダッシュで店に戻って先輩に聞いたら、「いわゆる曰く付き」だと言われた。 


【オカルト】俺は猫に守られている?それとも狙われている?続きを読む

【時空の歪み】消えた客の消息は未だにわからない

消えた客

362 :本当にあった怖い名無し:2005/09/03(土) 21:02:47 ID:SPvIsa7a0

電話関係の仕事をしています。
数ヶ月前のある日、都内某所のワンルームマンション。
そこはオートロック式のマンションで、三階建ての建物でした。築大体3年目位との事でした(ビル管理会社のお話)。
で、そのマンションのある所に、作業に行った時の話です。 

作業を行なう時は、必ず前日に確認の電話をうちの会社では入れます。 
私は連絡先に指定されていた携帯電話番号に連絡を入れました。 
大体8回位のコールのあと、その(仮にAさんとしておきます)Aさんが出ました。 
『・・・・・はい』
妙に沈んだ声です。
「お世話になっております、私○のBという物です。A様の携帯電話でございましょうか?」 
『・・・・・・・・・・・はい』
しばらく間をおいて、またえらく沈んだ声で返事が返ってきました。 
「・・・・・の件で、A様の作業ご希望日『明日・午後』となっておりますので、 
 明日・15時頃作業のためにお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか?」
『・・・・・・・・・・・・・はい』
都合がいいのか悪いのか、はいと言う返事では判りませんが、取り合えず了承したと受け取り、
明日うかがうこと、作業開始前に携帯に連絡を入れること等を再度伝えます。 
この事前確認の時から変といえば変でした。 
何を言っても、少し間をおいて『はい』という返事しか来ないのです。 
でも、まあ妙な客はいますし、その時は『嫌な客・変な客系』の人じゃないだろうなという心配はしましたが、
特に気にもしませんでした。 


【時空の歪み】消えた客の消息は未だにわからない続きを読む

【最凶の守護霊シリーズ】肉塊の化物 vs 河童美女

肉塊

843 :親父と俺と滝川と ◆f40UCIeGgM :2008/07/01(火) 22:32:08 ID:6D1Pyav60 


会社の先輩の親の七光り野郎が、意外にもいいヤツだった話。 

現場からはちょっと嫌われてるが、基本的に丁寧で真面目な先輩はそこまで評判は悪くない。 
あんまり繋がりのある部署じゃないけど、最近ちょっとしたことで仲良くなった。 
現場でケンカがあって、明らかに弱そうな先輩が止めに入って、
片方の荒くれ者に一発殴られてから 、先輩の空手が炸裂してえらいことになった。 
現場のケンカしたアホの事情聴取と、病院つれてったりすることで仲良くなって、
事務所の二階にまつわる話をきいた。 

半年ほど前に、先輩は親父さんのツテで入社した。
先輩がきたころは、事務所の二階は夜は立ち入り禁止で、出るとこだったそうだ。 
んで、聞くとどうやら、でかくて丸い気持ちの悪いものがいるそうで、お局様もビビってるくらいだった。 
先輩は七光り入社の人で、今はいなくなった元責任者に、夜にそこの整理しろといじめられた。 
先輩は普通にやりとげたんだけど、そこであった話。 


【最凶の守護霊シリーズ】肉塊の化物 vs 河童美女続きを読む

【不思議】鮎釣りの怪事件

鮎釣り

353 :雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM @\(^o^)/:2015/08/13(木) 18:56:52.10 ID:thzDu8yL0.net

友人の話。 

山奥の渓流に、鮎釣りに出掛けた時のこと。 
その河原に鮎師の姿は無かったが、その代わりに色々な道具が置いてあった。 
無造作に投げ出された、高価そうな鮎竿。 
天然木で作られた綺麗なタモと、水に半分浸けられた囮缶。 
使い込まれた風なクーラーボックスとザック、仕掛けを作るための道具箱等。 
鮎竿は組まれた状態で、仕掛けもちゃんと付けてある。 
ただ、仕掛けの囮鮎が死んでいた。 


【不思議】鮎釣りの怪事件続きを読む

【神社】不幸と幸福の二つを願わなければ成就しない

谷の神社

25 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2005/04/16(土) 12:59:19 ID:uf+bNRRW0

ハイキング中に見つけた奇妙な神社。 
谷底の道の両脇に鳥居を構え、急斜面に石段を積み上げ、向き合っている神社。 
まあ、急ぐ山行ではないので、まず右側の石段を登り始めたが、 
気まぐれを起こした自分を恨みたくなるほどきつい登りだった。 


【神社】不幸と幸福の二つを願わなければ成就しない続きを読む
記事検索
メッセージ

何かありましたら、こちらにどうぞ

名前
メール
本文
最新コメント
おーぷん2ch
タグ絞り込み検索
ギャラリー
  • 【オカルト】俺は猫に守られている?それとも狙われている?
  • 【時空の歪み】消えた客の消息は未だにわからない
  • 【最凶の守護霊シリーズ】肉塊の化物 vs 河童美女
  • 【不思議】鮎釣りの怪事件
  • 【神社】不幸と幸福の二つを願わなければ成就しない
  • 【オカルト】祟りの赤い石
  • 【守護】雛人形が助けてくれた話
  • 【オカルト】バイクのふかす音で目が覚めるんだが・・・
記事検索