鬼の話

397 :1/4:2009/12/28(月) 20:11:17 ID:f6IWiyPa0
 
鬼になった人の話。

文政十二年(1829年)、6月8日のこと。遠野南部藩からの命令で、この町で山狩りが行われた。
これは館野武石衛門という猟師がリーダーとなり、
辺り一帯の村や町に住む武士や町人、農民までもが駆り出された、大規模なものであった 
この山狩りの目的は、鬼退治であった。

昔、南部藩はいくつかの『小』南部藩に分かれており、遠野はその小南部藩の城下町として栄えていた。
ここにとある武士がいた。
(一説によるとこの武士は、南部公の叔父にあたる人だったというから、
 この人も南部の姓を持つ、由緒正しき侍であったことには違いない) 
この武士はある日、何の故があったのかわからないが発狂してしまい、
刀を抜いては人に切りつけるようになった。
藩主はこれに困り、彼に閉門を申し付けたが、それを逃げ出して山中に逃げ込んだのだという。
そして山から山を渡り歩くうちに、いつしか完全に理性を失った彼は、
時々思い出したように里に下りては、誰彼構わず人に斬りつける『鬼』になってしまったのだという。
何しろ狂人であるからその行動は全く予想がつかず、人々はただただ恐怖に震えるしかなかった。


398 :2/4:2009/12/28(月) 20:12:00 ID:f6IWiyPa0
 
その武士があるとき、確かな情報筋によって、俺の町のとある山に逃げ込んだという情報が入った。
この情報が遠野南部藩に上申された結果、南部公から彼の討ち取り命令が下った。

その陣頭指揮を執るように南部公から直々に命令されたのが、館野武石衛門だった。
彼は村一番に名を轟かせた狩人で、豊かな体躯と豊富な経験、山の獣相手に培った胆力があった。
武石衛門は火縄銃の達人でもあり、南部公から武士の位を賜ったほどの剛の者だった。
しかし、今回の的は鬼だった。さすがの彼も、この名誉の仕事が成功するかは五分五分であった。

彼は山狩りの直前、手に手に有り合わせの武器を持った山狩り要員に対し、檄を飛ばした。
「皆様ご苦労であった。
 しっかり気をつけなくてはならない。もし刃向かってきたならば、しっかりしなくては危ないぞ。
 いくら狂人と言えども武芸の達人であるから、逃がしてはならない。 
 俺は一発で仕留めるつもりだが、もし射損じると、お殿様に申し訳が立たぬ。皆もしっかり頼む」

この檄をしおに、いよいよ山狩りが始まった。




400 :3/4:2009/12/28(月) 20:30:50 ID:f6IWiyPa0

 
山狩りが開始されてすぐ、件の武士が発見されたという情報が武石衛門の下に届いた。
我が町の陣が沢というところに、畳石という巨石があったのだが、
この上は名前の通り平らで、その上で発見されたのだという。

武石衛門は一同を引き連れ、この畳石に来た。
畳石に近づくと、確かに石の上に人影があった。
しかし、その姿は人間というにはあまりにも凄惨なものであった。
狂人の髪は伸び放題になり、上等な着物は見る影もなくボロボロになって体に張り付いていた。
髭もぼうぼうに伸び、目だけが爛々と光り輝いていた。
彼は畳石の上で、どこから捕まえてきたのか、蛇を捕まえてガリガリと噛り付いていた。
その姿はまさに悪鬼そのものの姿であったという。

皆が狂人侍の姿に恐れおののく中で、武石衛門は先頭を切って畳石に近づいていった。
そして何とか火縄銃が届く距離まで近づいた武石衛門は、静かに火縄銃を構えると、引き金を絞った。
「誰か!無礼な!」 
狂人侍が発したのは、その一言だけだったという。
武石衛門が放った銃弾は一発で侍に命中し、侍は仰向けによろけると、そのまま倒れて動かなくなった。
勝鬨の声を上げて狂人侍に近づくと、全員が絶句してしまった。
見れば、この侍は天を衝くような大男で、筋骨隆々の体は、すでに人間の域のそれではなかったという。
彼は山から山へ逃げるうちに、いつしか完全に人間ではなくなっていてしまったのだろう。


401 :4/4:2009/12/28(月) 20:31:52 ID:f6IWiyPa0
 
ともかく、この悪鬼を討ち取った武石衛門は、このことをすぐさま南部公に報告し、山狩りは終了した。

この狂人侍は、さすがに罪を重ねすぎていたためか、家中の墓に葬られるわけには行かなかったらしく、 
農民たちの手によって、日陰というところの山の麓に手厚く葬られた。
この侍の供養碑には、『忠山了儀居士』と記された。
正気を失った武士への、せめてもの手向けであった。

後に、住民たちはこの侍のために念仏塔を拵え、この侍の冥福を祈願した。
この念仏塔とは車仏というもので、卒塔婆に車輪がついたもので、
これをクルクル回して、個人の速やかな輪廻転生を祈願するものである。
人々は折々、この車仏の車輪を回して、侍の霊を手厚く弔った。

この侍の霊は、現在も近隣住民によってお盆に供養されているという。
この侍の墓も残っているが、風雨で風化したのか、『忠山了儀居士』の文字を読み取ることはできない。


書き方のせいで創作っぽくなったが、一応我が町の正真正銘の歴史だ。
このスレの本義からは離れるかも知れんが、一応歴史に登場した鬼ということで書いて見たわ。
人間が鬼になるというのは、割かしこういう理由からなのかも知れん。