山の神の怒り

983:本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 06:01:40 ID:7kr9AroGO
 
大家さんの話。

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、
都会にマンションを建てて、息子夫婦と同居した。
老女は何かと話かけてくれ、俺も機会があれば田舎の怖い話を聞こうという下心もあり、愛想良く話していた。

ある時、老女が思い詰めた顔で「神さんが怒っとる…」と呟いた。
聞くと、売った山の一つが開かれ、屎尿処理場ができたと言う。
「○○の命を貰うと言われてな…」
○○ちゃんは、幼稚園に通う彼女の孫である。


985:本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 06:04:57 ID:7kr9AroGO
 
「でも…権利も移して、開発にも全く関わってないんじゃ…」
そんな俺の言葉を遮るように老女が言ったのは、
その山の神は真っ白い大きな体をした利口な鹿をもっていて、
こんな都会に出て来ても、老女のもとに辿りつき、彼女の部屋の窓から顔を出したという。
俺は呆気にとられ、話をしているマンションの前から、隣の大きな一戸建てを見つめた。
鹿は人の言葉で、山を汚したことを神が怒り、代償に孫を貰うとを告げたという。
老女は泣いて許しを乞い、孫の代わりに自分を連れて行くよう神様に掛け合ってくれと頼んだそうだ。
鹿は何度も首を横に振ったが、老女の熱心さに折れたのか、3日待てと言い残し消えたという。
突拍子もない話だけに、失礼ながら痴呆も疑ったが、真剣な眼差しと内容を前には神妙に聞くしかなかった。




986:本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 06:08:55 ID:7kr9AroGO

 
「祟るのは筋違い…」
再び俺が言いかけた時に、老女が言った言葉は今も忘れられない。
「神さんは、自分を知るもんや奉ったもんに祟る」

偶然にも老女は3日後に亡くなった。
「明け方に鹿が来て、私で構わんと言った」
「アンタにしか話してないから、挨拶しとかなきゃならと思って」
「色々ありがとね」
嬉々として話した数時間後の死だった。
あんな笑顔で死ぬ前の挨拶をされたのは、後にも先にも一度だけだ。