ハンコください

408 :名無しさん@おーぷん :2014/11/02(日)03:04:43 ID:FBeHrImQi
 
私の家は親がギャンブル好きの為、根っからの貧乏でした。
学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。


408 :名無しさん@おーぷん :2014/11/02(日)03:04:43 ID:FBeHrImQi

そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込んでる間は姉と留守番することが多かったのですが、
晩御飯は親が帰ってきてから一緒に食べるので、まだ何も支度がされていない状況な上、
お菓子等もなくお腹を空かせて待つこともしばしば…
それでもたまに買い置きのお菓子があると、姉と半分こして食べるのですが、
“お菓子が減らない”事がしょっちゅう有りました。
当時『ハンコください』という、きのこの山風のお菓子が大好きだったのですが、
姉と一つ一つ数を数えて綺麗に半分こして、ティッシュの上に置いて食べていると、
いつの間にか空っぽの箱がまた満タンになっていました。
姉と二人でキャーキャー騒いだのを覚えています。
満タンのハンコくださいを食べ終えるとまた満タン。
嬉しくなって大事に戸棚にしまい、翌日親が居る前で食べるともう増えず、少しふて腐れながら箱を捨てました。




408 :名無しさん@おーぷん :2014/11/02(日)03:04:43 ID:FBeHrImQi

それからしばらく経って、親が不在でお腹ペコペコだった時に、何か食べる物が無いかと戸棚を漁っていると、
新品のハンコくださいがあり、姉と二人で食べましたが、またしても減らない箱になっていました。
こんなことが数回あり、空腹だった私たちはかなり助けられました。

今でもこの体験は姉も覚えており、あまりにも空腹だったから神様がお菓子足してくれてたんだろうね~と言います。
空腹が招いた幻覚と言われればそれまでですが、私達にとってはとても有り難く大事な思い出です。