洋館

685 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:55:50 ID:3SXxK8bF
 
一週間も前かな?そんなに前じゃなかったかも。 
兎に角暑い日だったなぁ。蝉がミンミン鳴いていて、木陰にいてもとても暑かったんだ。 

「なぁ、たっくん。実は良いとこ見つけたんだ」 
亮は垂れたアイスがついた指をしゃぶりながら僕に言った。 
「いいとこ?」 
「そっ、いいとこ。 でもさ、一人じゃ駄目なんだってさ」 
亮はアイスのバーに当たりと書いてなかった事に腹を立てたのか、 
バーをぼきりと折ると、思いっきり投げつけた。 
「なんかさ、スッゴイお宝があるらしいんだよ。 
 でもさ、絶対に二人じゃないと手に入らないんだって」 
亮は僕の目を下から覗いた。 
僕に一緒に行って欲しいって言っているんだ。 
僕と亮はどんな時も、二人一緒だ。 
喧嘩したって、次の日には笑って仲直りできるんだ。 


686 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:56:21 ID:3SXxK8bF
 
「んじゃさ、僕と行こうよ」 
そう言うと、亮は満面の笑みを浮かべた。 
「もっちろんさ。だからたっくんにしか言ってないもん」 
「よし、どうせ今日は面白いテレビもないからさ、これから行こうよ」 
ホントは五時から始まるアニメが見たかったけど、 
クラスメイトの誰かがきっと、ビデオにとっているはずだ。 
それよりも、この好奇心そそられる冒険の事で頭が一杯だった。 

「南の山の麓の森あるじゃん?そこにさ、古い洋館があるんだよ」 
亮の詳しい説明によると、森の大分奥まった所に、誰も住んでいない洋館があるらしい。
南の山って言うのは、松茸だか何かが取れるとかで、一般の人は立入禁止になってるんだ。 
だからここら辺の人は、絶対に入っちゃいけないことになってる。 
「でもさぁ…。南の山に入ってもいいのかなぁ?」 
「大丈夫、大丈夫。怒られたら俺の所為にしていいから」 
亮は良くこの台詞を使う。 
でも、実際亮の所為にしても、結局僕も怒られちゃうんだ。 
「でも…」 
「ぐずぐずしてたら、他の誰かにお宝取られちゃうよ!!」 
亮がだだをこねだしたら、もう少しで怒り出すサインだ。 
「わかったよ、行くよ、行く。二人じゃないと駄目なんだし」 


687 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:56:52 ID:3SXxK8bF
 
森はひんやりとしていて、今日みたいな日には心地よかった。 
迷いそうでちょっと心配だったけど、亮はズンズン先へと進んでいった。 
亮がいるから安心だ。亮は野生児って感じだもんな。 
亮は途中何度かポケットから紙屑を出すと、道ばたに落としていった。 
「ねぇ、何してるの?」 
「これはね、帰りに迷ったりしないように、印を残してるんだよ」 
なるほど。これなら暗くなっても、これを辿れば迷わないな。 

一時間も歩いただろうか。開けた所に出た。 
目の前には、何とも言えない雰囲気の洋館がそびえていた。 
「たっくん…、別に無理して入らなくてもいいんだぜ?」 
ここまで来て何を言ってるんだろう、と思ったよ。 
亮は腕っ節は強いし、青大将だって素手で捕まえられるけど、 
幽霊とかお化け屋敷とか、そう言うのは大の苦手なんだ。 
僕はそう言うのは全然平気。むしろ大好きさ。 
「なんだよ、亮ちゃん。怖くなったのか?」 
ちょっとバカにした様に言うと、亮はむきになって怒りだした。 
「何言ってるんだよ!!怖いもんか!!行くぞ…」 

大きな玄関前に行くと、ドアになにやら書かれている事に気づいた。 




688 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 17:57:27 ID:3SXxK8bF

 
『二人ずつお入り下さい』 
本当に二人で入らないと駄目なんだ。 
実際こんな所があるなんて、ちょっと信じられない感じだった。 
誰が何のためにここを用意したのか判らないけれど、入ってはいけない所で無いのは判った。 
「よしっ…行くぞ、たっくん」 
「うん」 
ぎぃぃ。きしむような嫌な音を立ててドアが開いた。 
中は森の中以上にひんやりとしていて、寒気すら感じた。 
なんとも言えない埃とカビの匂いが鼻をついた。 
流石の僕も、ちょっと帰りたくなった。 

「暗いね…ホントにお宝あるのかなぁ?」 
「た、たっくん、怖いんじゃないのか?」 
今度は僕がバカにされた様な気がした。 
でも本当は、亮の方が怖がっているって事はわかっていた。 
「大丈夫だよ、亮ちゃんと一緒だからね」 
いつもの亮に戻ってくれないと、僕も不安になってくる。 
僕は亮に頼ってる様に感じさせて、亮の気持ちを盛り上げた。 
それはとても上手くいった様だった。 
「そうだよね。二人一緒だもんね」 
亮が力強く歩き出した。 


691 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:00:07 ID:3SXxK8bF
 
館の中は本当に薄気味悪かった。 
至る所に蜘蛛の巣が張っていて、それにかかる度に、気持ち悪くて悲鳴をあげたくなった。 
でも悲鳴をあげてしまえば、二人とも挫けてしまいそうだと思い、精一杯我慢したんだ。
亮も多分、同じだったと思う。 
所々の壁に掛けてある絵も、何だかよくわからない絵で、 
紫や赤や黒が混じったような、気持ちの悪い物だった。 
僕等は出来るだけそれが目に入らないように、前だけ向いて歩いた。 

途中のドアを何度か開けたけど、何も見つからなかった。 
ほとんどの部屋はがらんどうで、塵と蜘蛛の巣しかなかった。 
そろそろ諦め様かとしていた時、その部屋についた。 
これまでの部屋と違い、そこには色んな物が置いてあった。 
本棚、机、ベッド。壁には世界地図が掛かっていた。 
「ねぇ、亮ちゃん。この部屋、何かあるかもよ」 
興奮した口調で僕は言った。 
「よしっ、お宝見つけよう!!手分けして探そうぜ」 
亮は机。僕は本棚を探すことにした。 
ホントは、ベッドの上に乗ってる物を調べろっていわれたけど、本棚の方が何かありそうだからと断った。 
でもホントは違うんだ。ベッドの上のものは何か恐ろしげで、近づきたく無かったんだ。 


692 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:00:39 ID:3SXxK8bF
 
二人とも黙々と調べたけど、大した物は見つからなかった。 
本棚に一杯ある本も、なんだか判らない言葉で書いてあって、 
大人達は喜びそうだけど、僕等にとっては何の価値も無かった。 

結局部屋中調べたけど、何も見つからなかった。 
残すはベッドだけだった。亮も、嫌な雰囲気がしてるのは気づいてる様だった。 
ベットの上にかかった、ピカピカ光った青のベルベット。 
それは奇妙に盛り上がっていて、その下に何かあるのは判っていた。 

「イチニのサンで、この布を引っ張ろう」と亮が言った。 
「うん。僕こっち端持つから、亮ちゃんそっち持って」 
僕は逃げ出す準備をしていた。その下に何があるか、大体予想はついていた。 
イチニのサン。 
その瞬間、力一杯布を引くのと同時に、目を堅くつぶり顔を背けた。 
亮の悲鳴が聞こえた。僕は目をつぶったまま、ドアまで駆けていた。 

パニックになった亮がわぁわぁと叫ぶ。 
ふと、その叫び声が止まる。次の瞬間… 
「宝だ!!宝を見つけたぞっ!!」 
しまった!!臆病な所を見せたばっかりに、亮に先にお宝を見つけられてしまった。 
僕は勇気を振り絞ると、ベッドへと目を向けた。 


693 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:01:15 ID:3SXxK8bF
 
想像した通り、ベッドの上には死体が転がっていた。 
しかし、思ったより大した事はなかったんだ。 
前に何かの本でみた、ミイラみたいだった。 
それはどうやら、僕等と同じ年くらいの子供の様だった。 
その首にはきらきらと金色に輝き、目の部分に真っ赤な宝石が埋め込まれた、
鷲の形のペンダントがかかっていた。 

「た、たっくん。あのペンダント取ってよ」 
亮が震えた声で言った。亮はこう言うのが苦手だからなぁ。 
でも、僕だってそんなの嫌だよ。 
「亮ちゃんが見つけたんだろ?亮ちゃん取れよ」 
「ふ、二人で協力しなきゃ駄目なんだよ」 
確か、二人で協力しないと宝は取れないって話だったな。 
でも、これなら別に一人で取っても取れるじゃないか。 
よぉし、それなら僕が取って、僕の物にすればいいんだ。 
僕はおもむろに手を伸ばし、鷲のペンダントを掴んだ。 
その弾みで、死体の少年がこちらを向いた。 
心臓が口から飛び出しそうになった。 
でも、震える手で掴んだ宝は決して離さなかった。 
慎重に、慎重に、死体に触れないようにそれをはぎ取った。 
「やった!!やったぞ!!お宝ゲットだぜっ!!」 
手にした途端、さっきの怖さなんて吹き飛んで、嬉しさ一杯になった。 
高々とペンダントを掲げ、跳ね回った。
まるで、僕一人しか居ないかの様に、有頂天になってしまった。 


694 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:02:01 ID:3SXxK8bF
 
そんな僕を見て、亮が怒りを顕わにした。 
「俺が最初に見つけたんだ、俺によこせっ!!」 
「そんなのおかしいよ!!実際取ったのは僕じゃないかっ!!」 
僕は亮の理不尽な言い分に、心底頭にきたんだ。 
だってそうでしょ?アイツは口先ばっかりでなんにもしなかったんだ。 
びびって何にも出来なかったくせに、美味しいとこだけ持っていくつもりなんだ。 
「実際取ったからってなんだよ…。大体ここ行こうって言ったのも俺だぞ」 
普段大人しい僕が怒鳴ったりしたもんで、亮はビックリした様子だった。 
でも、腕っ節に自信がある亮は、僕相手には引こうとしなかった。 
あんなに怖がっていたくせにだ。 
「よこせよっ!!」 
亮は僕の手に握られたペンダントをむしり取ろうと、力一杯引っ張った。 
嫌だと口では言わずに、僕も精一杯力を入れた。
その時、亮の左手が弧を描いた。
光の筋がパッと描かれたと思うと、僕の腕から力が抜けていた。次の瞬間、鋭い痛みが襲ってきた。 
亮は隠し持っていたカッターナイフで、僕の腕を斬りつけたんだ。 
「痛っ!!酷いよ…酷いよ亮ちゃん」 
亮が呆然と僕を見つめていた。 
「ご、ごめん…。本気じゃなかったんだよ…」 


695 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:03:46 ID:3SXxK8bF
 
亮の目は、何処か怯えている様だった。 
どうやら、チョット脅かしてやろうってくらいの気持ちだったらしい。 
「でも、たっくんが悪いんだぞ。素直に渡さないからっ!!」 
亮は僕の所為にした。僕は全然悪くないのに。 
悲しかったけど、泣かなかった。泣いたら負けだから。 
痛くて、悔しくて、情けなかった。 
でもこの時、ペンダントなんてどうでもよくなったんだ。 
亮は僕を傷つけてまでこれを欲しがってる。 
僕はこんな物の為に、人を傷つける気なんてさらさらない。 
おかしいのは亮だけど、こんな物要らない。 
僕が辛い思いをしたのも、怪我したのもペンダントの所為だもの。 
「いいよ…そんなに欲しいんだったら、そんな物くれてやるよ…」 
僕は釈然としない所はあったものの、潔くそう言った。 
「ほ、ホント?ホントにホント?」 
亮は少しビックリしてる様だった。 
失敗したかも知れないな。
亮が自分が悪いと思ってる今なら、何とか巧く僕の物に出来たかもしれなかった。 
「いいよっ!! 何回も言わせないでよ!!」 
「あ…ありがとう…」 
亮はばつの悪そうな顔で、僕の目を上目遣いで見ていた。 
「その代わり…。今度何か見つけたら僕にくれよ」 
「うんっ、うんっ、約束するよっ!!」 


696 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:04:16 ID:3SXxK8bF
 
亮がにっこりと笑った。 
こんな約束、コイツは明日になったら忘れるんだ。 
だけど僕は忘れない。そしたらその時言ってやるんだ。 
あの時、ペンダントを譲ったじゃないかって。 
僕に怪我させた事を、みんなにばらしてやるぞって。 

その後、また奥へと向かった。 
亮は上機嫌だった。
途中何度も振り返っては、僕に良い奴だの、今度おごってくれるだのと、機嫌を取っていた。
僕はそんな亮の態度を、まるで人ごとの様に流す。 
僕のそんな態度に気づかない亮が、鬱陶しく思えた。 
あんな事があった後だから、何もかも色あせて見えた。 
蜘蛛の巣が顔にかかってもなんて事はないし、 
壁に掛かった絵だって、別に動き出す訳でもない、ただの絵だ。 
何もかもつまらなくなって、今はただ帰りたかった。 
早く帰ってテレビが見たいなぁ。 
今日の夕ご飯はなんだろうなぁ。 
適当に亮の後をついて行くだけ。 

すると、前を行く亮が大声を上げた。 
「おぉいっ!!あった、あったぞ、お宝!!」 
飛び込んできた声に、急に現実に戻された。 
現金なもんだよね。でも、お宝って聞けば機嫌も治るよ。 
パッと駆け出し、亮に追いつく。 


697 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:05:38 ID:3SXxK8bF
 
「あ、駄目だよ!!気をつけて!!」 
ふと足下を見ると、そこにはぽっかりと大穴が開いていた。 
お宝は、その奥の壁に掛けてあった。 
鈍い光を放つ、赤銅色の蛙のペンダント。 
目の部分には、黒光りする石がはめ込まれていた。 
黒曜石とか言うやつだろうか。 
「…よかったじゃんか。ほら、お宝見つけたよ」 
どう考えても、鷲と蛙じゃ釣り合いがとれそうもない。 
亮もそれは判っている様だった。 
鷲はちゃっかり自分の物にして、僕には蛙でお茶を濁そうって事か。 
「うん…でも…」 
でも、あんな蛙なんか入らない。
全然ピカピカじゃないし、目だって赤い宝石じゃないし、それに蛙だ。 
僕は鷲が欲しいんだ。 


698 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:06:09 ID:3SXxK8bF
 
「そ、そっか、あれを取るのは骨が折れそうだもんね」 
亮はあからさまに話を逸らそうとしてる。 
蛙がかかっている壁には、下から梯子がかかっている。 
穴は大きくて、どう考えても、底に降りない限りは、梯子に手は掛からない様だ。 
しかしご丁寧に、穴の手前に太いロープが置いてあった。 
これで穴の底におりて、あちらの梯子を登れって事だろう。 
「これは…協力しないと取れないよね」 
亮が不安げに僕の顔を見る。 
「そうだね」 
その時の僕は、きっと無表情だったろうな。 
協力?さっき僕に斬りつけたばっかりなのに? 
「僕がロープをこっちで引っ張るから、たっくん取ってきなよ」 
絶対そう言うと思ったね。 
自分で降りるとは、絶対言わないと思っていた。 
何時も嫌な事は、僕にやらせようとするんだよな。 
「うん、わかったよ…。しっかり持っててよ、亮ちゃん」 
僕はそう言うと、亮の顔を正面から見据えた。 


699 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:06:43 ID:3SXxK8bF
 
「もちろんさ!!たっくんがお宝手にする番だもん」 
亮がにっこりと笑った。 
「ねぇ…お守りの代わりに、僕に鷲のペンダント貸してよ」 
「え…い、いいけど…蛙取ったらちゃんと返してね?」 
僕は鷲のペンダントを首にかけた。 
それだけで勇気がわいてきて、何でも出来るように思えた。 
簡単だと思った。亮の背中を押せばそれでお終いだ。 
「うわぁ、高ぇ…下が全然見えないよ。ホラ、たっくんも…」 
亮がこっちを振り返ろうとした時、足を滑らせた。 
そう、滑らせたんだ。僕は何もしていない。 
ちょっとぶつかったかもしれないけど、わざとじゃない。 
ちょっと脅かしてやろうと思っただけだ。 
亮がカッターナイフで僕を傷つけたように。 

鈍い音が穴のそこで響いた。 
亮の声は聞こえては来なかった。 
兎に角早くここは離れてしまいたい。 
ここを出て、早く何もかも忘れてしまいたい。 
でも、このペンダントを見て、思い出さないでいられるだろうか? 
暗い気持ちを見透かした様に、鷲の目が僕を見ていた。 
そんな訳ないのに、ペンダントが僕を見る訳なんてないのに。 

僕は恐ろしい想像が膨らまないようにと、息が切れる程思い切り走った。 
出口へ。早く出口へ行かなきゃ。 


700 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:07:19 ID:3SXxK8bF
 
出口だ!!
必死に走り、途中で何度も転んだけど、奥へと辿り着く時間の半分もかからずに、出口までやって来れた。 
やっと出られる。僕は手をかけ、力一杯そのドアを開こうとした。 
その時の僕の目は、血走っていたと思う。 
だけど、どんなに力を込めても、そのドアが開くことは無かった。 
どうやら閉じこめられてしまったらしい。 
「どうしよう、亮ちゃ…」 
言いかけた時、僕には頼れる相棒がいないのだと思いだした。 
一人で何とかしなくては。アイツの事は忘れて…。 

何度も蹴ったり、体当たりをしたり、叫んだりしてみた。 
だけど、結局ドアは開かなかった。 
何も考える事が出来ず、ただただ懺悔するより他なかった。 
ごめんなさい、ごめんなさい、亮ちゃん。 
やっぱり戻ってきてよ。こんなペンダントなんてあげるから。 
神様、どうかこの僕を許してください。 
そして、亮ちゃんを戻してください。 
良い子になります、ちゃんと勉強もします。 
ペンダントも亮ちゃんにあげます。 
僕はドアに手をかけたまま、泣きながら崩れ堕ちた。 


701 :本当にあった怖い名無し:04/11/08 18:07:49 ID:3SXxK8bF
 
その時だった。ドアにかけた手が滑り落ちるうちに、妙な窪みにに触れたのだった。 
目を凝らしその窪みを眺めると、何処かで見た形にそっくりだった。 
そう。それは今僕が首にかけている、鷲のペンダントの形だった。 
そうかっ!!ここにペンダントをはめ込めば良いんだ!! 
神様が僕を許してくれたんだ。 
ペンダントをここに置いて行けば、許してくれるんだ。 
亮ちゃん…ペンダントはここに置いていくよ…。 
だから、亮ちゃんも許してね。 

僕はペンダントをその窪みに押し当てた。 
カチリと音がした。鍵が外れたんだ。 
今度こそ家に帰れるんだ。勢い良く僕はドアを開けた。 
そのドアの先、僕の目の前には…ドアがあった。 
愕然とした僕の目に飛び込んだのは、蛙の形をした窪みだった。 
鷲と蛙。二つが揃っていないと、外には出れないんだ。 
でも、蛙のペンダントはもう手に入らない。 
僕一人しかいないから。 
ペンダントは二つで一つ。友情の証だったんだ。 

あの、鷲のペンダントを首にかけた少年は僕だった。 
愚かにも、親友を裏切り、ここで息絶える事になった僕だったんだ。 

僕は次にくる誰かが、無事に出られます様にと祈り、 
ドアから鷲のペンダントを取ると、首にかけたんだ。