野球グランド

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/08 17:41
 
このスレを見てたら中高生時代が懐かしくなってきたよ。 
よく七不思議とか、肝試しとかやったな。 


304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/08 18:24
 
>303 
誰にでも青春の一ページがあるものさ。 
これはある高校生の話なんだけどさ、その生徒は野球部だったんだ。 
先輩も引退して、まあマターリとした雰囲気で練習に励んでいたそうだ。 

ある日、その生徒はバックネットの向こうから練習を見ているショートカットの女の子に気がついた。 
夏休み中、彼は何度もその娘を見かけ、時々目が会うと彼女は笑い返してくれた。 
彼が恋をするのに時間はかからなかった。
彼は声をかけようとしたが、ある日をさかいにその娘はいなくなってしまった。 
彼は相談のつもりで引退した先輩にそのことを話すと、先輩は、
「おい、もしかしてその娘ショートカットで痩せ型か?」 
「はい、そうですけど」 
「・・・そうか、お前見たのか」 




304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/08 18:24

先輩の話を聞くと、彼はけして叶わぬ恋だと悟った。 
そのショートカットの娘は、昔交通事故で死んでしまったマネージャーの霊で、 
何年か一度、夏になると現れるらしい。
誰よりも部員を気遣ってくれたやさしい女の子だったとのこと。 
彼は自分が好きになってしまった娘が幽霊だということでかなり複雑な気分になった。 

そして最後に先輩は言った。
「皮肉なもんだな。俺の2こ上の先輩も惚れてたんだよ」