黒い不吉

403 :本当にあった怖い名無し:2013/01/02(水) 10:45:12.50 ID:4P9/iY9N0

小学校の低学年くらいのときの話なんだけど、
学校帰りに家の近くの歩道を歩いていたら、向こうからきた人に声をかけられた。


403 :本当にあった怖い名無し:2013/01/02(水) 10:45:12.50 ID:4P9/iY9N0

その人は男で、黒い背広を着てものすごく背が高かった。
子供だから背が高く見えたわけじゃなく、確実にまわりの人よりも頭一つ大きかった。
それで、世の中にはこんな人もいるんだなーと印象に残った。
手足が細くて蜘蛛みたいな感じ。
不思議なことに、どんな顔だったかがまったく記憶に残ってないんだ。マスクとかをしてたのかもしれない。




403 :本当にあった怖い名無し:2013/01/02(水) 10:45:12.50 ID:4P9/iY9N0

その人が「ボク、家はこの近所かい?」と聞くんで、「そうだよ」と答えると、
「・・・ちょっと頼みがあるんだけど」
当時は今みたいに子供が知らない人と口を利いたりしてもそんなに不審がられなかったから、「なんですか?」と答えると、
「あそこの赤っぽい壁の家に入りたいんだけど、入れない。
 ほら、玄関の上に神社のお札が貼ってあるだろ。あれがどうも嫌なんだ。
 ボク、とってきてくれないかな」
と言う。
「うーん」と考えて、
「人の家のだからとれないし、だいいちあそこまで届かない。おじさんが自分でとればいいんじゃないですか」と答えると、
「そうだよね。うんうんそう思うよね。いいよいいよ、なんとかするから」 
そう言って、「ボクありがとうね」と手を振って向きをかえて歩いていった。

このことはすぐに忘れたんだけど、次の年の3月にその家の家族が引っ越していった。
亡くなった人とかはいなかったと思う。
ただ、その家の前を通ったときにお札を見たら、上に手の跡がぺたぺたとついて真っ黒になってた。