赤い石

435 :赤褐色の珠@\(^o^)/:2014/09/10(水) 04:31:56.24 ID:l+XHkIqj0.net

初めに書いておくが、読み返すとさほど怖くなく、自分が被害にあったのではなく、文章力もなく読みにくいと思う。 
なので、だるいと思ったらとばしてくれ。 
これを書こうと決めたのは、怖い話のサイトを見ていて、よく似た話が自分の身の回りで起きたからだ。 
黒い呪い』という話だ。 


435 :赤褐色の珠@\(^o^)/:2014/09/10(水) 04:31:56.24 ID:l+XHkIqj0.net

俺は最近、N県にあるキャンプ場に家族(妻と息子、娘)で行った。 
そこは手ぶらでもキャンプが出来るということで、ネットで調べて予約して行った。 
BBQセットや、宿泊施設、公園、スポーツ施設もあり、自然の中で子供も遊ばせれるというところだ。 
目的地に着いた俺達は、昼夕飯前ということもあり、早速BBQの用意を始めた。 
勿論、用意をするのは俺と妻の2人。
子供達も始めは、BBQなんて初めてだったので、楽しそうに用意を手伝ってくれてたんだけど、
興味は川の方にいってしまい、2人で遊びにいってしまった。 

しばらくして炭に火がつき始めたので、妻が子供達を呼びに行った。 
すると、妻が息子と喧嘩しながら戻ってきた。 
何があったのか妻に聞いてみると、息子が何か石?珠のような物を川で拾って来たらしい。 
だからどうしたと思ったんだが、妻が言うには、その石がなんだか不気味で気持ち悪いらしい。 
だからもとあった場所に捨ててこいと言うのだ。 
妻の言うことが少し理不尽に思い、どんな物かと気になった俺は、息子にその石を見せるように言った。 
俺は色弱で色を表現するのは難しいのだが、妻が言うには赤褐色らしい、琥珀?のような石が息子の手のひらにあった。 
別段おかしな所はなく、綺麗な石じゃないかと妻をなだめ、息子にそのまま持ってても良いと了承した。 
今思えば、この判断が間違っていた。 
今と書いたのは、当時は赤褐色の珠に何の疑問も抱かなかったからだ。 

BBQを済ませた後、少し川で小魚や海老などを網で採って遊んだ後、
バンガローを予約していたので移動して、トランプやらゲームやら、家族ならではの遊びをしていた。 
お風呂の施設もあったので、風呂に入り、普通に過ごしていた。 



436 :赤褐色の珠@\(^o^)/:2014/09/10(水) 04:33:22.43 ID:l+XHkIqj0.net

風呂から出ると、息子がもぞもぞとズボンのポケットをまさぐっていた。 
どうしたと聞くと、赤褐色の珠を無くしたらしい。 
けっこう大きな珠だったので歩いていたら見つかるかもと言い、帰り道を探したがバンガローにもなかった。 
妻も気味悪がっていたので、まぁ良いかと思っていた。 

楽しみにしていた花火も終え、子供達を寝かし、
俺と妻はバンガローの前にある椅子に腰掛けて、持ってきた酎ハイを飲んでいた。 
冷BOXのアイスノンもとけて少しぬるくなっていた酒はおいしくなく、早目に切り上げ床に就いた。 
夏といっても山奥で涼しく、虫の声も心地好く感じていて、こんな機会はあまりないので妻と楽しく話をしていた。 
その時に、赤褐色の珠を息子が無くしたことも話し、妻は安心していた。 

しばらくして妻が寝息をたてはじめ、俺もウトウトし始めた時に、キャンプ場(下)の方から変な悲鳴が聞こえた。 
バンガローはキャンプ場から少し登った所に位置しており、何があったのかその位置からは確認出来なかった。 
何より辺りは真っ暗で、月明りと、バンガローの部屋の明かりが照らす範囲しか見えなかった。 
いきなり電気がついた事で妻が起きたのだが、子供達は寝たままだ。 
子供を置いて行けないので、妻に子供達を見ておくようにお願いし、自分はキャンプ場の様子を見に行く事にした。 

キャンプ場に着くと人だかりが出来ており、何かと思えば、若者4人が泥だらけで、言葉にならない声(悲鳴?)で震えていた。
その時、ドブの様なヘドロの様な、何とも言い難い臭いが漂っていた。 
若者達は周りに人だかりが出来ているというのに、何かに怯えているかのように丸くなってうずくまっていた。 
誰かが救急車を呼んでいたのか、バンガローに戻って妻に先程の話を伝えていたときサイレンが聞こえた。 

翌朝、キャンプの人に聞いてみると、若者達は救急車で運ばれて行ったらしい。 


437 :赤褐色の珠@\(^o^)/:2014/09/10(水) 04:35:15.65 ID:l+XHkIqj0.net

体験した話はここまでだが、冒頭に書いた通り、本気で怖く感じたのはネットで見た怖い話である。 
『キャンプ』という題の怖い話には、同じような体験が書かれていたのだ。 
あんなに怖い思いはしなかったのだが、息子が赤褐色の珠を無くさずに持ち帰っていたらと思うと、ゾッとしてならなかった。