電車の時空

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/08/02(木) 10:38

ガキのときの話。


686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/08/02(木) 10:38

電車を降りる時に、靴が片一方脱げてしまった。 
電車はそのまま走り去った。
どうしたらいいかわからず、そのままホームで立ち尽くしていた。 
そこに次の電車が入ってきた。 




686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/08/02(木) 10:38


ドアが開いたら、そこに脱げたはずの靴があった。 
乗っていたおばちゃんが「よかったね」と微笑んだ。 

どういう展開だったのか、今考えるとちょっと不可解。