夕焼けの駐車場

970:10/03/10(水)14:21:11ID:EPQvSEon0

私は海外に住んでいます。一時帰国のため、昨年の秋頃に日本にいました。
日本での車の免許は持っていませんので、母に車の運転をしてもらっていました。


970:10/03/10(水)14:21:11ID:EPQvSEon0

ある日、マウスとUSBハブを買うため、ある有名電気店に車で連れて行ってもらいました。そこの駐車場は1階が駐車スペースで2階、3階が売り場スペースになっています。
つまり建物が駐車場の屋根になっているような場所なのですが、奥の方に10台分ぐらいのスペースだけ建物が上に被っていない場所があります。

入口から遠いのですが、母親の運転技量を考えて『お母さんあの一番奥に止めたら?』っと言って一番奥に止めさせました。
そのあと、2階での買い物が終わり、下におりました。



970:10/03/10(水)14:21:11ID:EPQvSEon0

私達が止めた場所は1方向しかありませんので、その方向に二人で歩いて行きました。確かに止めた場所へ歩いて行きましたが、車がありません。
『えっ、ここだよね。』『あれー?』っと言う感じでした。
軽く2人で後ろを見渡しながら『やっぱりここ…』と言いながらもう一度同じ場所を見ると。車があるのです。

母は『何かピカピカして見えたから分かんなかった!』
と言いながら車に乗り、私は無言で車に乗りました。車の中で沈黙が続きました。

そして車で走りながら小声で『お母さん…やっぱりおかしくない?』と言うと、母も急にエキサイトして『さっき車なかったよね!』
『なかったよ!右側のはしに白い小さなバンがあったけど、うちの車の所は両隣ふくめて何にもなかった。』
母も『白と言うか、クリーム色っぽい感じだったよね!』

つまり私達が振り返った10秒程度の間に、そこの駐車スペースの時間が変わったのです。
母親が『ピカピカして見えたから分からなかった!』というのも理由がつくのです。
なぜなら私達が買い物に行った時間は昼の12時25分(レシートの時間)です。最初に車がない状態の時間は、恐らく朝、太陽の光が真上から差し込んでいる状態ではありません。

1ターンして車がある状態では12時25分と言う正常な時間になっているので、太陽の光が真上から入ってきて、その場所が急に明るくなり、ピカピカして見えたのだと思います。


970:10/03/10(水)14:21:11ID:EPQvSEon0

パニックのあまり家に帰ってインターネットで検索して、このスレッドと(時空の)おっさんのスレッドを発見しました。
おっさんに会っている人たちに比べると、全然大した話ではありませんが、時空と言う物が本当にある事に驚いています。
長文すいませんでした。