サマナー

761:14/08/21(日)03:43:36ID:laft8peU0

先月くらいに深夜0時ごろ、足立区内を車で走っていました。

走っていたのは交通量もそこそこ多い片側1車線の、まあ普通の道路です(その時も後続車、対向車ともにパラパラいました)同乗者は助手席にひとり、後部座席にひとり。


761:14/08/21(日)03:43:36ID:laft8peU0

信号待ちをしていたところフロントガラスの外、ボンネット左前方、高さ80cmくらいのところに、20cmくらいの正六角形の薄いガラス板の様なものが浮いていました。
それぞれの角の部分には、雪の結晶のような模様が付いていたと記憶しています。それ自体が7色(緑色が強め、コガネムシのような色合い)の光を放っていました。

不思議に思ったのですが、見間違いかと思い車を発進させると、ぶつかったりすることなく消えていきました。



761:14/08/21(日)03:43:36ID:laft8peU0

その直後に助手席の友人に、その物体を見たかと聞くと「見た」と答え、印象、造形などを2人で照らし合わせると完全に一致していました。

これは一体何だったのでしょうか?こういった物体に関するオカルト話、都市伝説、地域伝承などは聞いたことがありますか?
印象だけでいえばキラキラとキレイに光っていて、悪そうなモノには見えませんでした。

長々と書きこんで申し訳ありません。みなさんのお知恵を拝借させていただきたいです。