ホスピタル

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/02 20:49

私が中学2年生の時、同じ部活に『自称霊感が強い』と言う先輩がいました。 
私は当時、あまりそういうオカルト的なものを信じていなくて、
その先輩の体験した話などを半信半疑で聞いていました。 


601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/02 20:49

ある夜、私が生まれて初めて『金縛り』というものにあった時です。 
怖くて目をつむっていたのですが、何故かまぶたの裏に禿げた中年の男が映っていました。 
怖くてどうしたらよいのか分からなかったのですが、ふと先輩の言葉を思い出したのです。 
『もし幽霊を見たら、○○町3丁目の××(先輩の名前)の所に行って下さい。
 って言えば私の所に来るから。大丈夫だよ」 
私は一心不乱に「○○町3丁目の××さんの所へ行って下さい!」とくり返しました。 
しばらくすると金縛りは解け、疲れた私は寝てしまったようです。 
翌朝、部活の朝練に先輩は来ませんでした。 



601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/02 20:49

昼休みに私を訪ねた先輩は言いました。 
「ゆうべ、あんたの所にハゲのおじさんが出たでしょ。
 あたしの所に来たよ。だから朝起きられなかった~」
私はその言葉にドキッとしました。 
ゆうべの事は夢かも知れないと思って、誰にも話してなかったのです。 
それ以来私は、霊的な出来事も信じるようになったのです。