チョビ

11:2011/09/11(火)03:18:42.60ID:J2NL+Uf30

ある朝、頬をなでられる感触で目覚めた。

おそらく飼い猫のチョビだろう。肉球でピタピタと俺の頬をなでている。だが俺は眠い。まだまだまどろんでいたく、無視した。


11:2011/09/11(火)03:18:42.60ID:J2NL+Uf30

ハッと気がつくと、起床の時刻をやや過ぎていた。目覚まし時計をかけわすれていた。その日は本命の入社試験日だった。

危うく遅刻するところだったが、なんとか間に合い、無事内定をもらい、今俺は希望通りその会社で働いている。



11:2011/09/11(火)03:18:42.60ID:J2NL+Uf30

あのときチョビのおかげで遅刻せずにすんだ。

しかし、チョビは三年前に他界していた。独り暮らしの俺は動物は飼っていない。
だがあの朝、俺の頬を撫でていたのは、生前、寝ている俺に遊んでくれとせがむチョビのそれだった。