物質変化

417 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/03/03 15:55

小学生の頃、私は少年サッカーのチームに入っていました。

ある日の放課後、私達はいつものようにサッカーの練習をしていました。その日は、グランドを二分割し、一方でソフトボールの練習もやっていました。

パスの練習をしている時、私の相方が見当はずれの方向にパスを蹴り、ボールはコロコロと転がって、グランドの端にある渡り廊下に入り込んでしまいました。

仕方なく、私は小走りでボールを取りに行きました。


417 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/03/03 15:55

その渡り廊下は、校舎と講堂を繋ぐものでした。風雨を避けるために、白い半透明の波板で囲われていましたが、太陽の光が透けて、中は明るい感じです。

一方の壁際には下駄箱が並び、もう一方の側には傘立てが一列に置かれていました。その傘立ての隙間に、サッカーボールが入り込んでいます。

それを拾って廊下から出ようとした時、ソフトボールの練習をしている子が、外から大声で呼びかけてきました。

「おーい、そっちへボール行ったぞー。」

どうやら、誰かの打球が大フライとなってこっちへ飛んで来ているようです。

廊下を囲っている波板はプラスチック製なので、ボールが屋根を突き抜けてしまうことも時々ありました。




418 名前:417つづきです投稿日:03/03/03 15:58


とっさに逃げようと思ったのですが、外の様子が殆どわからず、どこにボールが飛んでくるのか判らない。

渡り廊下から出ようにも、あと2~3秒くらいしか時間がない。結局、その場から動かずに、ボールが落ちてくるのを待つことにしました。

ソフトボールだから屋根でバウンドするかもしれないし、当たってもそんなに痛くないだろう、そう考えていました。

外からは「当たる当たる!」などと叫ぶ数人の声が聞こえてきます・・・

バンッ!

大きな音がして、目の前を黒い影が横切りました。

スピードが速すぎて、殆ど何も見えませんでしたが、ボールが天井を突き破ったのだな、と思いました。

それにしては、音が大きすぎるような気もしたのですが、あまり気にすることなく、足下に視線を落としました。

足先から30㎝くらい離れたところに、石がありました。拳二つ分くらいの大きな石が、コンクリートの床を割って、半分くらいめり込んでいます。

とっさに何が起きたのか判らず、白っぽいその石と割れた床をボーっと見ていました。


419 名前:417おわりです投稿日:03/03/03 15:59

「おーい、当たらんかったかぁ」

その時、ソフトボールをしていた子供が、渡り廊下に飛び込んできました。

「何してるんや?」

私が今しがた見た事をそのまま伝えると、その子は怪訝な表情になりました。

彼は、ボールが渡り廊下の屋根を突き破ったのを見て、私に当たっていたらマズイと思い、慌てて飛び込んできたそうです。

石の事を聞くと、そんなものは見ていない、と答えました。

外に出て他の子供に聞いたのですが、彼の見たことと大体同じでした。
数人で石の所へ戻ってみると、石は相変わらず床にめり込んだままでした。

取り上げてみると、特に変わったところのない、白っぽい普通の石です。熱くも冷たくもない、その辺に転がっているような石でした。

渡り廊下の天井に他に穴は空いていませんでしたから、屋根を突き破ったのは、この石に間違いありません。

「じゃあボールはどこへ行ったんだ?」

皆でソフトボールを探しましたが、結局見つかりませんでした。どう考えてもボールが石に変わったとしか思えませんでしたが、言ってみれば、ただそれだけのことです。

誰かが不幸に見舞われたり、石のことを聞いて回る謎の人物が現れたり、そんなドラマチックな展開は一切無かったので、それっきり忘れていました。

今、思い出しても全然怖くないけど、すごく不思議な思い出です。