本当にあった2chの怖い話

2ちゃんねるのオカ板(オカルト板)から、怖い話をまとめて提供するサイトです。内容はオカルト・異次元・異世界系を多く取り扱っています。また2ちゃんねる以外からまとめた物も存在しています。

異次元・異世界

【時空の歪み】修学旅行で消えた友人

修学旅行の怪異

668 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/15(金) 12:02:59 ID:ErPnZvgC0
 
修学旅行の往路、高速道路のサービスエリア。 
昼食休憩してから再びバスに乗り込もうとしたとき、点呼の段階で女子が二人いないことがわかった。 
その二人は友達同士で、実際バスの中でも昼食時も二人横並びでつるんでた。 
なので、多分のんびりトイレにでも行っているんだろうと思っていたら、
案の定片方(A)が「(遅れて)ごめんなさーい!」って行ってバスに走ってきた。 
ところが、相方Bの居場所を聞かれると、Aは「最初から修学旅行に来ていない」という。 


【時空の歪み】修学旅行で消えた友人続きを読む

【時空のおっさん】あの恐怖の赤い空が忘れられない

赤い空の恐怖

42:2013/03/2621:07:27ID:9jx2/PQl(2)
 
俺スロット打ちすぎて頭おかしくなったかもしれん。

今日ガディスでオス番打ってて夕方くらいにやめたんだよ。コイン流してレシートもらって、おしっこしたかったからフロアの隅の便所行ったのよ。
小便して朝気になってた台の様子見ようとドア開けたらさ、なんか店に違和感あってさ。店ガラガラになってんの。


【時空のおっさん】あの恐怖の赤い空が忘れられない続きを読む

【異次元】私はこの世界の人間じゃない!誰か助けて【パラレルワールド】

違う世界の住人

1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 02:32:30.15 ID:Y3/nBDl00

嘘のような話に聞こえるかもしれないが本当の話。 
2014年の7月にこの世界にやってきた。 
今いる世界は前の世界と酷似しているけど全くの別次元なんだ。いわゆるパラレルワールドってやつだと思う。 
同じような体験してる人いないかなあ。 
あれから2年半経つが元々いた世界に戻りたい。


2: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 02:36:42.93 ID:ss4+Bwh70

教えてよん 
やり方


3: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 02:40:07.94 ID:Y3/nBDl00

>>2 
やり方が分かってたら元の世界に戻れてる 


【異次元】私はこの世界の人間じゃない!誰か助けて【パラレルワールド】続きを読む

【時空の歪み】放り投げたシャーペンが・・・

消えたシャーペン

597 :可愛い奥様@\(^o^)/:2016/02/28(日) 23:51:46.46 ID:FNniTgFn0.net
 
中学生の時に宿題に飽きて、黄色いプラスチックのシャーペンをえいっと自分の背後に放り投げてみた。
そしてすぐ振り向いて拾おうとしたら無い。
どうしても無い。


【時空の歪み】放り投げたシャーペンが・・・続きを読む

【異次元】タイムリープして人生を二回経験した話を書いてく

人生やりなおし

1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 16:22:06.44 ID:9YXBKFiP0

信じるか信じないかは読む人に任せる。 

俺は1度タイムリープをしてこの世界に来た。 
あれから37年経った。 
あれというのは俺がタイムリープした日から。 

前の世界で俺は、40歳を過ぎた頃からずっと過去に戻りたいって思ってた。 
そして俺がもう数ヶ月で52歳になろうとしたときそれにようやく成功した。 

リープ前の俺のスペックは東京生まれの東京育ち、一応MARCHの中にある大学卒(ただし2浪のうえ1留というひどさ)で、 
卒後住宅大手に入ったが、体育会気質についていけなかった。 
あとさすがに2浪で1留まですると会社で同期どころか先輩も自分より年下ってのがいて 
実際入社したらけっこういたたまれなかったんだ。 
それで1年半ほどして食品メーカー(営業職)に転職した。 
どっちも一部上場企業ではあったが、はっきり言って転職前の会社より格は高く、 
これは当時バブル終焉期で人手不足が深刻だったため俺みたいなスペックでも一応march大卒って 
ことでそういう会社にも入れたのだろう。 
中途採用でもあったため年齢の関係はファジーになって多少そういうコンプは薄らいだかもしれない。 

ただ仕事はまったく面白くなく興味もなかった。 
そのため上司や同僚との関係は必ずしもよくなく1年を経ずして最初に配属された部署(千葉)から 
東京に転勤となった(これは期待されたためでなくただのたらい回しだろう) 
その後も29歳までの3年間ほどで同じ東京のビルにある部署間だが2箇所異動。 
その頃にはバブルも完全に弾けてて、まあ会社からしたら早く辞めてくれって感じだったんだろうな。 
そして29歳のとき北海道の工場に転勤命令をくらった。 
北海道といっても札幌とかじゃないぞ。もっととんでもない奥地のすげえとこだ。 
じつはそのとき俺は一応婚約者がいて、結婚の数ヶ月前という感じだった。 
会社もそのことは知っていたので、完全に俺を辞めさせるための異動命令だったんだろうな。 


【異次元】タイムリープして人生を二回経験した話を書いてく続きを読む
記事検索
最新コメント
メッセージ

怖い話投稿はこちでどうぞ!

名前
メール
本文
おーぷん2ch
ギャラリー
  • 【不思議】うちの猫の不思議な話を紹介する
  • 【最凶の守護霊シリーズ】巣くうもの Part2 ~呪いの部屋~
  • 【オカルト】葬儀に出る武者
  • 【時空のおっさん】おっさんじゃなく、時空のお姉さんと会った話
  • 【不思議】ちょっと不思議な話詰め合わせ
  • 【洒落怖】住んだ人を一人残さず消していく呪怨のような家
  • 【オカルト】高速道路の不思議
  • 【不思議】清められた塩の効能ってすごい!