本当にあった2chの怖い話

2ちゃんねるのオカ板(オカルト板)から、怖い話をまとめて提供するサイトです。内容はオカルト・異次元・異世界系を多く取り扱っています。また2ちゃんねる以外からまとめた物も存在しています。

狂気・おかしい・ヤバい

【狂気】多重人格のフリしてたらガチで多重人格になっててワロタ・・・・・

多重人格

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:12:17.435 ID:+F7BoKCl0

語って良い? 
建ったら書くわ。書き溜めてないけど


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:12:45.530 ID:OsudWbMy0

どうぞ


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:14:24.254 ID:+F7BoKCl0

だらだら書くわ 
きっかけは仕事がしんどい時に、ネットでタルパっていうものをみつけた事 
タルパってのは簡単に言えば脳内のキャラクター。 
それと喋ったりしてたら可視化までできるらしい。イマジナリーフレンドみたいなもん 


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/25(月) 09:15:54.119 ID:wdAAc5SG0

俺もイケメン紳士のふりしてたらなんかそんな風になって来た 
服とか


【狂気】多重人格のフリしてたらガチで多重人格になっててワロタ・・・・・続きを読む

【オカルト】俺は猫に守られている?それとも狙われている?

猫の集会

255 名前:本当にあった怖い名無し:2007/08/30(木) 15:35:46 ID:cHcYyzUkO


ここ4年くらいで体験して、おそらく現在進行形だと思われる体験。
俺には一つのキーワードでつながってるように思えてならない。 

ことの発端は四年前。当時、俺はピザの宅配のバイトをしてた。その宅配先での話。
まず現場について思ったのは、「こんなとこに人が住んでるのか?」ってことと、猫がやたらいるってこと。
真っ暗な小さい森の中に、ポツンと廃墟みたいなマンションが建ってた。宅配先はそこの最上階だった。 
入り口にたくさんいた猫は、最上階までびっしりいた。
宅配先のお客はなんか陰気臭いじいさんだったけど、普通に応対して変な所はなかった。 
帰りに階段を降りようとしたら、猫が全部俺のことを見てた。
かなり気味が悪かったんだけどそのまま駆け下りて、
いよいよ出口だって時、出口のすぐ外にばぁさんがいることに気づいた。 
明らかにこの世の者じゃない雰囲気がして、恐る恐る通り過ぎようとしたら、ばぁさんが振り向こうとした。
ばぁさんの顔が見えるって瞬間に猫が大声で鳴いて、その瞬間ばぁさんは消えた。 
ダッシュで店に戻って先輩に聞いたら、「いわゆる曰く付き」だと言われた。 


【オカルト】俺は猫に守られている?それとも狙われている?続きを読む

【オカルト】夢の中で生きる女性

夢の中の女性

806 :本当にあった怖い名無し:2005/12/05(月) 11:43:13 ID:A0VkTkU5O


俺は物心ついた頃から、夢の中に度々同じ人物が出て来ます。
起きてもしっかり内容覚えてる夢ってありますよね。そんな夢には決まって同じ女性が登場するんです。

初めて気が付いたのは小5でした。
夢の中で家の近所を歩いてた俺は、婦人警官に呼び止められ、何故か名乗ってもいないのに名前を呼ばれました。
その時、その婦人警官がこれみよがしにデカい名札を付けていて、名前を確認する事が出来ました。
仮名をAとします。
「あ、同級生と同じ名前だ」
その時そう思った所で目が覚めたのですが、起きてから考えると、同級生にも知人にもAという女は居ないのです。


【オカルト】夢の中で生きる女性続きを読む

【オカルト】幽霊を招くお札

招く札

249 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/22(水) 20:47:56 ID:B90EDwBg

彼女の父親は、家から少し離れたところにある集会所の管理を任されていました。 
ところがある時から、「こんな夜遅くに何やってんだ!」という苦情が引きも切らずに来るようになったそうです。 
そんな苦情の来るような時間帯に使用することは有り得ないし、
よしんば有ったとしても、苦情の来るほどの騒ぎをする訳はありません。 
それでも念の為に…と、集会所の鍵を持っている人に問い合わせても、みんな知らないと首を振る。
鍵を人に貸したことも無いと異口同音に言われ、彼女の父親は困り果てました。 


【オカルト】幽霊を招くお札続きを読む

【オカルト】狂気の雪山小屋

雪の山小屋

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/12/09 22:42


登山愛好家に聞いた話。 

その山小屋の食堂には一冊のノートが置かれていて、 
宿泊者は、そこに一言残していく習慣になっている。 


【オカルト】狂気の雪山小屋続きを読む
記事検索
メッセージ

何かありましたら、こちらにどうぞ

名前
メール
本文
最新コメント
おーぷん2ch
タグ絞り込み検索
ギャラリー
  • 【ホラー】夜中の4時にインターホンが鳴ったので出てみたら・・・・・・
  • 【不思議】もふもふ猫
  • 【時空の歪み】電車の時空移動
  • 【オカルト】卒業式の後
  • 【オカルト】愛の波動
  • 【不思議】病院で見た不思議な夢
  • 【ホラー】海外旅行で人格が変わってしまった
  • 【オカルト】歌の力の恐ろしさ
記事検索