本当にあった2chの怖い話

2ちゃんねるのオカ板(オカルト板)から、怖い話をまとめて提供するサイトです。内容はオカルト・異次元・異世界系を多く取り扱っています。また2ちゃんねる以外からまとめた物も存在しています。

だるま

【時空の歪み】だるまの目と時空の歪み

だるまの目

427:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2013/08/18
 
小さいころに体験した話。

何の変哲もない夏休みのある日、父親が
「花火買ってきたぞー」
って居間に登場して、俺ら子供らは大はしゃぎ。ささやかな花火セットだったんだけど。

さっそく7人家族のうち祖父と祖母以外の5人で家の外でやることになったんだけど、安全のため水辺の方へ10mくらい移動してた時、向かいの家(以前住んでた古い自宅)の2本並んだガスボンベから、俺たちの歩く速さに合わせて
「カーン、カーン」って2回鳴った。


【時空の歪み】だるまの目と時空の歪み続きを読む

【オカルト】だんだら焼き

だんだら焼き

760 :本当にあった怖い名無し:2013/03/29(金) 12:26:15.18 ID:nLh/qs2l0
 
小学校の6年生のときの話。

うちの地方では小正月の1月15日に近い土曜日の夕方に、『だんだら焼き』というのをやる。 
他のとこでは『どんど焼き』と言うことが多いだろうけど、それのなまった形だと思う。
青竹と藁を組んだやぐらを燃やして、そこで注連飾りや古くなった御札類を焼く。
当時俺は書道の塾に行ってて、そこの生徒達は正月の4日に強制的に書き初めをさせられ、
新しい年の目標を書いたのを焼くことになってた。
だんだら焼きは地区ごとに町の4ヶ所でやるんだけど、 
書道塾の仲間は違う地区のやつでも、本町の神社前でやるメインのに来てたな。 

その日は6時頃に飯を食って、書き初めと家族に前から頼まれてた正月飾りを持ってでかけた。 
行ってみるともう火は焚かれて、友だちもかなり集まってた。 
いろいろ話をしていると、神社から神主さんが出てきて祝詞を唱え、神社の大きな鏡餅を割った。 
その後は特に儀式とかもなくて、各自が火に近づいていって燃やすものを投げ込む。 
それから串に刺した餅を焼いて食べたりミカンをもらったりして解散する。 
それだけなんだけど、子どもとしては暗い中で大きな火が燃えてるというのはけっこう興奮する行事だった。 


【オカルト】だんだら焼き続きを読む
記事検索
メッセージ

何かありましたら、こちらにどうぞ

名前
メール
本文
最新コメント
おーぷん2ch
タグ絞り込み検索
ギャラリー
  • 【守護】蝶の恩返し
  • 【オカルト】380円ののっぺらぼう
  • 【オカルト】海の不思議な話
  • 【オカルト】首吊りのカラオケ
  • 【オカルト】般若のお面の表情が変わるのを見た
  • 【不思議】俺が風呂怖いになった理由がこれ・・・・・・・
  • 【オカルト】世界の都市伝説「ディアトロフ峠事件」について見てみよう
  • 【不思議】おい!ケセランパサラン捕まえたぞ!
記事検索