本当にあった2chの怖い話

2ちゃんねるのオカ板(オカルト板)から、怖い話をまとめて提供するサイトです。内容はオカルト・異次元・異世界系を多く取り扱っています。また2ちゃんねる以外からまとめた物も存在しています。

カニバリズム

【ホラー】ロシアの軍事教練所

高い壁

539 :本当にあった怖い名無し:2013/11/03(日) 19:03:09.19 ID:Ykl/d9lu0
 
海の話ではありませんが。 
バルチック爺さんが日露戦争中に見聞した話です。 

彼はその後、関西の都市部で衛星看護兵の訓練に携わりました。
そこで知り合った医務教官から聞いた話だということです。 
その教官は、佐世保の収容所で、バルチック艦隊の生き残りの兵士の管理とケアを行っていたそうです。
島根県に漂着したロシア人乗組員(捕虜)のなかでインテリの士官がいて、 
そのロシア人はフランス語をよくしゃべり、ドイツ語もしゃべることができたそうです。 
その兵士は教官に以下の話をしました。 


【ホラー】ロシアの軍事教練所続きを読む

【オカルト】禁忌の人食い儀式

禁忌の儀式

263 :本当にあった怖い名無し:2012/07/02(月) 08:06:47.79 ID:bZSVoQ840
 
出勤までの暇つぶしにカキコ。 
人の業ってのはあるんだな、と感じた話。 

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人食いの風習があったっていう土地だ。 
とはいっても、生贄だとか飢饉でとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。 
鳥葬ならぬ人葬かな。それは小さな神社で行われてたとのこと。 
そこの神主さんが亡くなった人の脳だとか脊椎だとかを啜り、その人の魂(心?)を受け継ぐんだって。 
で、イタコの真似ごとをして、残された家族とかに故人からの言葉を送るっていう寸法。 
気味が悪いように聞こえるけど、それほど殺伐としてようなものじゃないみたい。 

しかし、先に言ったように、だいたい60年代を過ぎるころになると、流石にそのような風習も廃れてきた。 
ちょうどその頃は、その神社の神主を息子さんが受け持つようになっていたし、 
法律とかそういう問題もあったから、ちょうど世代交代の時期だったのかもしれん。 
だがそれでも村の爺さん婆さん連中は、ご先祖様と同じように逝きたいとこの葬送を希望していた。 
そのため、新しい神主さんも嫌々ながらそれを引き受け、数年の間死体の脳を啜ったらしい。 
多分これがいけなかった。 


【オカルト】禁忌の人食い儀式続きを読む
記事検索
メッセージ

何かありましたら、こちらにどうぞ

名前
メール
本文
最新コメント
おーぷん2ch
タグ絞り込み検索
ギャラリー
  • 【守護】蝶の恩返し
  • 【オカルト】380円ののっぺらぼう
  • 【オカルト】海の不思議な話
  • 【オカルト】首吊りのカラオケ
  • 【オカルト】般若のお面の表情が変わるのを見た
  • 【不思議】俺が風呂怖いになった理由がこれ・・・・・・・
  • 【オカルト】世界の都市伝説「ディアトロフ峠事件」について見てみよう
  • 【不思議】おい!ケセランパサラン捕まえたぞ!
記事検索