本当にあった2chの怖い話

2ちゃんねるのオカ板(オカルト板)から、怖い話をまとめて提供するサイトです。内容はオカルト・異次元・異世界系を多く取り扱っています。また2ちゃんねる以外からまとめた物も存在しています。

井戸

【オカルト】深い地下に作られた謎の井戸を壊してマンション建てた結果wwwwwww

マンション建設

259 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/10/17(土) 06:32:31.98 ID:ocCE7rsJ0.net


俺は建設業で親方をやっている。
マンションを造っているんだが、施工前に地鎮祭というのを近くの神社から神主さん呼んでやる。
普通は業種的に地鎮祭には呼ばれないんだが、その物件では呼ばれた。
元々は立体駐車場で、頻繁ではないが事故も起きており、
敷地の片隅に古い小さな祠があり、中にこれまたかなり古いお地蔵さんが収められていた。


260 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/10/17(土) 06:46:18.29 ID:ocCE7rsJ0.net

4スパン地上13階建てのマンションの建設が始まった。
打ち合わせも終わり基礎の乗り込み前に、所長に躯体業者でもう一度御祓いを行うと集められた。
こんな経験は今まで初めてで、俺は所長に「この現場は何なの?」と聞いた。
「○○君は現場で変な経験とかない?霊的なもんとか」
???正直、この所長は頭おかしいと思った。
話が面倒くさい感じだったから、
「僕の家には家系図が残っていて、先祖にお寺の神主さんがいるから平気です」と言っておいた。


【オカルト】深い地下に作られた謎の井戸を壊してマンション建てた結果wwwwwww続きを読む

【最凶の守護霊シリーズ】巣くうもの【洒落怖】

巣くうもの

128 1/5 sage 2009/02/28(土) 22:08:06 ID:+BuEMFrL0

 
洒落コワはここでいいのか?
何年か前にあった怖い話を投下する。

そん時は俺は地方大学の学生で、同じ科の連中とグループでよく遊んでた。
たまに混ざる奴もいて、男4~6人で女4人。
一人暮らしの奴の部屋で集まって飲んでると、よく怪談したがる女の子がいた。
決まって嫌な顔する子も居て、Aとする。
こっちの子が俺とかなり仲良かった。

怪談好きな方をBとするが、Bも別に電波とかじゃなくて、
怪談も体験談はなくて、それこそこのスレで面白い話を仕込んできてんじゃないか、
みたいな怖い話をする子で、本当は幽霊とか信じてなさそうだった。

むしろAの方が「見えるんだ」と言ってて、AはいつもBを避けてる感じだった。
2人で遊ぶとかは絶対ないし、グループでも距離を開けたがってる雰囲気で、
俺とあと一人、Aの「見える」を聞いて信じてる奴(Cとする)は、
本当に霊感があったら遊びで怪談するなんて嫌なのかもしれない、と思ってた。


【最凶の守護霊シリーズ】巣くうもの【洒落怖】続きを読む

【オカルト】旦那様と呼ぶ有名な古井戸がある

だんなさま

211 :本当にあった怖い名無し:2013/11/15(金) 22:54:36.64 ID:xjczdhkD0
 
私新潟のかなり田舎の方に住んでるんだけど、農家だからあんまり人に会わないんだよね。田んぼとか畑とかばっかでさ。
だから人がいるとすぐわかるんだ。 
でさ、うちの私有地に…というより祖父の私有地に古井戸があるんたけどね。 
もう使われてない古井戸で、
昔そこで男の子が落ちて死んでしまったらしく、厳重に蓋をして子どもが落ちないようにしたんだと。


【オカルト】旦那様と呼ぶ有名な古井戸がある続きを読む

【オカルト】イオキ様の伝説

イオキ様

290 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/29(水) 13:31:47.96 ID:FGzhxuQb0.net
 
法事で実家に帰った時、叔父と二人で飲んでいたら、
この家にも昔は変な習慣があったんだよって、酔っ払いながら教えてくれた。 
それと関係あるのかわかりませんが、 
うちの家系は祖母が言うには、領主様から一定の地域の生殺与奪の権利が与えられてる家だったみたいです。 

叔父が言う儀式ですが、
初潮を迎える前の女の子を家系の中から選び、山の鬼に捧げるという儀式との事で、叔父も詳しくはわからないようでしたが、
この因習が嫌で夜逃げした家族もあったみたいでした。
私は信じてはいませんでしたが、面白かったので興味津々でした。


【オカルト】イオキ様の伝説続きを読む

【ホラー】イオキ様の儀式

石鬼の儀式

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/18 14:47
 
母の話。あまりくわしくは書けません。ご了承下さい。名前も仮名です。

母は幼少の頃は徳島の山奥の村に住んでました。
その日は親戚が集まり大事な話があったみたいだったので、母と兄は隣の部屋に先に寝かされました。
しかし、隣が気になり寝付けずにいると、隣から祖父の声が聞こえてきました。
「洋子(母の名前)はまだ若いから、石鬼神(イオキ)様のご機嫌がとれんやろ。今やったら晴海(母のいとこ)やで」
母は意味が全く分からなかったのですが、助かったと思ったそうです。
次の日、晴海の両親は目を赤く腫らして、帰っていったそうです。


【ホラー】イオキ様の儀式続きを読む
記事検索
メッセージ

何かありましたら、こちらにどうぞ

名前
メール
本文
最新コメント
おーぷん2ch
タグ絞り込み検索
ギャラリー
  • 【オカルト】俺は猫に守られている?それとも狙われている?
  • 【時空の歪み】消えた客の消息は未だにわからない
  • 【最凶の守護霊シリーズ】肉塊の化物 vs 河童美女
  • 【不思議】鮎釣りの怪事件
  • 【神社】不幸と幸福の二つを願わなければ成就しない
  • 【オカルト】祟りの赤い石
  • 【守護】雛人形が助けてくれた話
  • 【オカルト】バイクのふかす音で目が覚めるんだが・・・
記事検索