本当にあった2chの怖い話

2ちゃんねるのオカ板(オカルト板)から、怖い話をまとめて提供するサイトです。内容はオカルト・異次元・異世界系を多く取り扱っています。また2ちゃんねる以外からまとめた物も存在しています。

北海道

【北海道】人を探し続ける男

百人浜

171 :,:03/02/15 21:18

〇人浜で聞いた話(北海道) 

襟裳岬近くの〇人浜キャンプ場。
一昨年北海道へ行った際、途中一緒になった京都のセロー乗りの人に、
今夜は〇人浜へ泊まろうと思っている事を話すと、彼は真面目な顔で「やめた方がいい」と言う。
結局彼と一緒にカムイコタンのキャンプ場へ泊まったのだが、その夜に彼に聞いた話です。 


【北海道】人を探し続ける男続きを読む

【北海道】北海道のヒグマ

熊

16 :北海道のヒグマ:2006/04/23(日) 05:43:55 ID:oAZLv8WD0
 
まとめサイトでヒグマに関する怖い話読んでて思い出した。長文だけどごめん。 
心霊系ではないんであしからず。 

北海道という土地は、昔から『ヒグマ』という問題を抱えている。 
本州の人間からすればピンとこないんだろうが、北海道の山を歩き回る時は、熊鈴は必須。
クマスプレーという武器(?)も重要なアイテム。 
ヒグマは、カナダなど外国の方が大量に生息しているイメージがあるが、 
実は世界中どこを探しても、北海道ほど密集してヒグマが生息している土地はない。 
これはあまり知られていないが、データ上の事実。 
この話は、そんな北海道でアウトドア系大学サークルに所属する俺が、同期の友人に聞いたもの。 

その夏、十勝山系を縦走していた登山パーティがあった。 
パーティはA、B、C、D、Eの5人構成。Aがリーダーであり、Bはサブリーダーであった。 
ABCDは中級者であり、Eは今年山を登り始めた初級者。
パーティのうち何人かは、かつてヒグマと遭遇したものの、怪我をすることもなくやりすごしたこともあった。 
以下は、Aが手帳につけていた日記からまとめられた内容である。


【北海道】北海道のヒグマ続きを読む

【北海道】南北線の飛び込み駅

南北線の幽霊

967 :可愛い奥様:2009/05/06(水) 20:07:11 ID:4d1JRv8b0
 
札幌住人です。 
4年前、すすきの駅で麻生行きの地下鉄を待ってたら、
向かいのホームに真駒内行きが到着した瞬間に、膝を抱えて前転するような感じで電車に飛び込むスーツ姿の男を目撃。
私と近くで電車を待っていたカップルが、同時に「あ~っ!」と叫んだ。 
しかし、その電車は何事もなく発車。別に人が飛び込んだ様子はなかった。 
そのカップルは私を見て、「あの人も見たよね」とひそひそと話していた。 
女性の方は半泣きだった。
間もなく電車が到着。双方次の大通りで降りたため言葉を交わす機会はなかったが、 
あのカップルも同じものを見たんだろうな・・・と思う。


【北海道】南北線の飛び込み駅続きを読む

【北海道】昭和炭鉱にあった祠

昭和炭鉱

592 :本当にあった怖い名無し:2013/07/31(水) 00:01:14.81 ID:AjY77547P
 
北海道は昭和炭鉱での話。ぐぐればすぐにわかる。 
その昔炭鉱で栄えた町で相当の人数が住んでいたそうだが、俺が友達と馬鹿なキャンプに行った時は既に廃墟だった。
言いだしっぺは定岡で、俺は嫌だといったが、強がりで絶対に引かない田村の性格が災いして、
3人でその廃墟に一泊のキャンプに行くことになった。 
自転車で2,3時間はゆうにかかる距離だった。 
なぜ俺が嫌だと言ったかというと、親父と車で一度行ったことがあったから。 
特にお化けがどうたらとかいう話を聞いたわけではないが、あまりいい気持ちがしなかったのと、
その日に金縛りにあっていた記憶があり、気乗りがしなかった。 
ま、それはともかく、夏休みのちょっとしたお遊びのはずたった。 

現地に着いたのはまだ2時ころだったと思う。 
団地やら平屋の共同住宅やらがたくさんあった。
割れている窓ガラスもあったが、まだまだ使えそうな家もたくさんあった。 
石を投げて窓ガラスを割って遊んだり、家を探検して遊んでいた。 
廃墟になって数十年たっていたと思うが、まだまだ生活感が感じとれた。
障子にカレンダーが貼ってあったり、レトロなポスターが貼ってあったり。


【北海道】昭和炭鉱にあった祠続きを読む

【オカルト】死してもなお存在している

沙流群

772 :底名無し沼さん:02/05/22 20:56
 
北海道の沙流群に、沙流川という清流が流れてんだけど、
何年か前、原チャリで旅行中に、国道脇の沙流川の河原で野営したのね。 
人里からはかなり離れていたんだけど、
お盆休みで休止中の工事現場の近くで、カーブになった国道の橋が掛かっているところのすぐそばだった。
ガスコンロでご飯を炊いて、夕食といっしょに少々の『日本盛』をたしなんで、
多少ほろ酔い加減ではあったものの、そんなもの酒に酔った内に入るものではなかったと明言する。 
 

【オカルト】死してもなお存在している続きを読む
記事検索
メッセージ

何かありましたら、こちらにどうぞ

名前
メール
本文
最新コメント
おーぷん2ch
タグ絞り込み検索
ギャラリー
  • 【オカルト】うちの家系の女性全員には共通した傷がある
  • 【オカルト】俺は猫に守られている?それとも狙われている?
  • 【時空の歪み】消えた客の消息は未だにわからない
  • 【最凶の守護霊シリーズ】肉塊の化物 vs 河童美女
  • 【不思議】鮎釣りの怪事件
  • 【神社】不幸と幸福の二つを願わなければ成就しない
  • 【オカルト】祟りの赤い石
  • 【守護】雛人形が助けてくれた話
記事検索