時空の古本屋

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:07/03/02 11:55

俺は小学生の時(から高校までずっと)、遠くの私立の学校に電車で通ってたので、地元に友達って一人もいなかったのよ。
んで、両親は共働きだったんで、毎日親が帰ってくるまで俺は家で一人で遊んでたんだ。
つっても一人で遊べるようなおもちゃなんてほとんど持ってなかったし、何してたかっつうと、ずうっとマンガ読んでたのね。

うちの親はファミコン禁止にしてたくらいで、マンガもほとんど買ってはくれなかった。
だけど、ただ月の小遣いに500円と、あと小1の頃から片道1時間超かけて通学してたから、途中でのど渇いたらジュース買っていいってことで、毎日100円もらってたのよ。
そのお金でマンガを買いまくってたわけだ。でもそれだと月3000円くらいじゃない、10冊も買えないんだよね。

もうあっという間に読み終えちゃう。だからいっつも、もっとマンガ買いたい、もっと読みたいって思ってた。


【時空の歪み】時空の古本屋続きを読む