不思議な天使

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/30 04:27

俺の親父は教師で、俺は小学校二年まで教員住宅に住んでたんだ。
俺のウチの裏は林になっていて、そこに『そこなし沼』って俺らの間で呼ばれてた沼があったんだ 
ほんとはちょっとした水溜りのようなもんだったんだけど、その周りではクワガタがたくさん捕れるんで、
よく友達と遊びに行ってた。

ある日の事、いつものように友達とクワガタ捕りに行くと、その沼の奥になにやら白い人影が見える。
白いワンピース着た中学生くらいの女の子。
普段人気のまったくない所だし、道なき道を泥まみれになりながら進まないと来れないような場所だってんで、
不信に・・・は思わなかった^^;小学生だしね。 
「遊ぶ?」って尋ねると、
その女の子は「ちょっといい所しってるんだ。カエルがいっぱいいて面白いよ」って言って、
俺の手を引っ張って、工事現場みたいな所に連れて行かれた。
近くには田んぼがあって、確かにカエルがウヨウヨいた。 

その女の子とカエル捕まえたりして遊んでるうちに遅くなったんで、その子と別れて家に帰る事にした。
初めて来た場所とはいえ『そこなし沼』からはそう離れてなかったし、沼までたどり着けば後は勝手知ったる土地。
暗くなり始めてはいたけど、10分もあれば着けるだろと思ってた。

そして沼も通りすぎて、我が家が見えてきた。


【神隠し】不思議な女の子と遊んでいたら俺が神隠しにあっていた話続きを読む