消えた客

362 :本当にあった怖い名無し:2005/09/03(土) 21:02:47 ID:SPvIsa7a0

電話関係の仕事をしています。
数ヶ月前のある日、都内某所のワンルームマンション。
そこはオートロック式のマンションで、三階建ての建物でした。築大体3年目位との事でした(ビル管理会社のお話)。
で、そのマンションのある所に、作業に行った時の話です。 

作業を行なう時は、必ず前日に確認の電話をうちの会社では入れます。 
私は連絡先に指定されていた携帯電話番号に連絡を入れました。 
大体8回位のコールのあと、その(仮にAさんとしておきます)Aさんが出ました。 
『・・・・・はい』
妙に沈んだ声です。
「お世話になっております、私○のBという物です。A様の携帯電話でございましょうか?」 
『・・・・・・・・・・・はい』
しばらく間をおいて、またえらく沈んだ声で返事が返ってきました。 
「・・・・・の件で、A様の作業ご希望日『明日・午後』となっておりますので、 
 明日・15時頃作業のためにお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか?」
『・・・・・・・・・・・・・はい』
都合がいいのか悪いのか、はいと言う返事では判りませんが、取り合えず了承したと受け取り、
明日うかがうこと、作業開始前に携帯に連絡を入れること等を再度伝えます。 
この事前確認の時から変といえば変でした。 
何を言っても、少し間をおいて『はい』という返事しか来ないのです。 
でも、まあ妙な客はいますし、その時は『嫌な客・変な客系』の人じゃないだろうなという心配はしましたが、
特に気にもしませんでした。 


【時空の歪み】消えた客の消息は未だにわからない続きを読む