山の雨

646 :本当にあった怖い名無し:2005/11/21(月) 17:12:59 ID:3sZqfdqF0

爺様の話。 

山仕事中に大雨に降られ、カッパを羽織って作業を続けた爺様。 
フードに当たる猛烈な雨音しか聞こえない中、黙々と下生えを刈っていると、ふと音が消えた。 
不信に思って顔を上げると、相変わらず雨粒は勢いよく顔に当たるのに音が一切聞こえない。 
「こりゃあ耳がイカレたか?」と呟いたら、その自分の声はハッキリ聞こえたそうな。 


【オカルト】やはり山には何か不思議な存在がいる続きを読む